身体のリハビリをサポート|医療事務講座で膨大な知識をゲット|未来に投資

医療事務講座で膨大な知識をゲット|未来に投資

レディたち

身体のリハビリをサポート

メンズ

人の役に立つ仕事

理学療法士は、様々な理由で身体が不自由になってしまった人の身体機能を回復させるやりがいのある仕事です。理学療法士として働く中での一番の喜びは、身体の回復に向けて患者と一緒に努力をした結果、患者の身体機能が回復し、日常生活が送れるようになることです。理学療法士になるためには、専門知識や技能を取得する必要がありますが、人の役に立てるやりがいのある仕事なので、責任感があり根気強く患者に寄り添える人に向いています。また、高齢化が進む日本では身体のリハビリを必要とする人が多く、今後ますます理学療法士の需要が高まります。就業場所は病院や高齢者福祉施設など医療や福祉の現場が多いので、長く安定した環境で働くことができます。

専門知識と国家資格が必要

理学療法士になるためには、理学療法士の国家試験を受けて合格する必要がありますが、試験を受けるためには受験資格を満たしていることが必要です。高校を卒業後、指定された四年制大学や短期大学、専門学校などの理学療法士養成学校で三年以上学び、卒業することで受験資格が与えられます。養成学校では、解剖学や臨床心理学、リハビリテーション学など幅広い知識を講義と実習から学びます。それぞれの養成学校には特色があり、カリキュラムや実習内容などが異なるので、自分に合う学校を選ぶことが大切です。また、理学療法士の国家試験合格率は比較的高いので、養成学校で専門知識をしっかり身に付け試験に挑むことで、理学療法士の道が拓けます。