心を語りで支える専門家|医療事務講座で膨大な知識をゲット|未来に投資

医療事務講座で膨大な知識をゲット|未来に投資

レディたち

心を語りで支える専門家

カウンセリング

多様なものがあります

心理カウンセラーに関する資格には様々なものがあります。大学院修了を要件とする「臨床心理士」をはじめ、大学院修了や大学卒業を要件とする「臨床発達心理士」や「学校心理士」などがあります。そのほか、産業分野では「産業カウンセラー」や、中央労働災害防止協会が発行する「心理相談員」というものもあります。また、心理カウンセラーとしての資格要件にはなりにくいものの、大学で心理学に関して標準的に学んだという証明にあたる「認定心理士」という資格もあります。将来的に臨床心理士や臨床発達心理士、学校心理士などの高度な心理カウンセラーになりたい場合は、認定心理士を取得することで心理カウンセリングの基礎をあらかじめ養っておくことができます。心理カウンセラーに近い職種として、福祉系の「社会福祉士」「精神保健福祉士」は相談援助を行うものがあります。ただし、心理カウンセラーとしての資格要件になることは少ないです。

ようやく国による認定も

心理カウンセラーに関する資格の多くは民間資格のみでしたが、平成27年に「公認心理師法」が公布され、日本で初めて心理カウンセラーに関する国家資格が誕生することになりました。なお、公認心理師になるためのカリキュラムなどについては、平成28年11月現在では「検討中」となっているため、今後、公認心理師がどのように養成され、国家試験がどのように行われるかについての動向に注目しておくといいでしょう。国家資格の誕生によって、既存の民間資格の立ち位置や活用方法についても変化していく可能性がありますが、一定数以上の公認心理師が社会で活躍するようになるにはある程度の期間を要すると予測されます。その間に公認心理師の受験資格を得る方法などを調べておくことは、将来心理カウンセラーになりたい人にとっての一つの道しるべになるでしょう。